WEB-TENNA

Webプログラマーの備忘録

Rubyで覚えておくと便利な%記法まとめ

web-logo_ruby

Ruby特有の%記法についてまとめようと思います。このあたり覚えておくと便利なのでぜひ参考にしてみてください。

%記法を紹介

%、%Q

ダブルクオートで囲う場合と同等。
シングルクオートやダブルクオートのエスケープが不要になる。
後述の%q()と違い、変数・定数の展開もできる。

2. %q

シングルクオートで囲う場合と同じです。シングルクオートなので、変数や定数の展開はされません。

3. %w

配列を作る。配列の要素はスペース区切りで指定します。
式の展開はされない。

4. %W

配列を作る。%w()と違い、式の展開がされる。

5. %i

要素がシンボルの配列を作る。

6. %I

要素がシンボルの配列を作る。%i()と違い、式の展開がされる。

7. %x

コマンド出力を行う。バッククオートで囲った場合と同等。

8. %s

シンボル。式の展開はされない。

まとめ

ざっくりと使い方を紹介しました。
これくらい覚えておくと便利ですね。

 Related Posts